お金が集まってくる方法の本質は一つだった

あなたはお金に関してどこまで理解していて、どうすれば自分の中に入ってくるお金がどんどんと増えていくのか具体的にイメージできるでしょうか。日本にはお金に関する教育というのが圧倒的に不足していて、お金で苦労している人たちがとても多いのが現状です。現に書店でも数多くのお金に関するほんが巷にあふれかえっています。

結局のところ、お金に関する情報の本質をとらえると、お金というのは持っている人のところに集まってくるということになります。これは動かしようがない事実ですね。本当に人間と同じなんです。魅力的なところに集まってくる。

私は様々なお金に関する本を読み漁ってきました。ほとんどの書籍でお金は持っている人のところに集まって来るということがかかれています。つまり・・・

少しづつでも貯蓄をしていけば精神的安定を手に入れることができる。

ということになります。具体的にはいくらぐらいかというと収入の10分の1。20万円の人は2万円の貯蓄を続けていく。それがお金持ちになるために必要なことです。収入の範囲内で生活して、お金がたまっていけば不安も少なくなる。そのたまったお金がお金を生み出せるように投資を行ったりする。そのお金がさらに稼ぎを作ると、どんどん増えていく。
UNI16040516IMG_0017_TP_V
上記に書いたことは考えてみると当たり前のことで、誰もが理解できることだと思います。

しかし、人間は欲求の塊なので、なかなかそれが難しいんですよね。わかります。

だからこそ、「お金がたまる仕組みづくり」を行うことがお金持ちへの第一歩ですね。

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP