プログラミングはIT業界だけのものではない!

できる男は目的と行動目標を持っている!

実はプログラミングスキルというのをにつけることで、小さな出来事に意味を見出すことができるようになり、徐々に生活や人生が変わってくることを実感できます。おそらく仕事ができる人というのは目的を明確に理解して、行動目標をもち、全体像を把握して一つ一つの物事や行動に意味を見い出して、行動に移せる人なのではないでしょうか?

実はソフトウェアを開発するためには、同じようなことをやっています。機能を作る目的を定め、どのくらい実装する(実装とは、プログラミングを使って機能を作りこんでいくこと)のか一行のコードにどんな意味があるのか?すべて把握することによって、品質も高いソフトウェアを開発することができるんです。

そんな中で私がお勧めしたいことは・・・

プログラミングを学ぶことは、恋愛にも生かすことができるのではないか?という仮説です。

目的を考え、行動目標を定め、実際に行動する。出会いから付き合うまで、最初から最後までどのようにしたら女性に気に入ってもらえるかということを考え続けて実行する。まさに一連のプロジェクトとおんなじではないですか。

もちろんプログラミングをするにも恋愛をするにも、ある程度の知識は必要ですし、実践をする場が必要です。

恋愛がうまくいく考え方ができるようになるのがプログラミングという考え方なのです。

その辺もっと詳しく説明しましょう。

まず、あなたは学校の行事なんかで、プログラムという言葉を聞いたことはありますか?

一個一個のプログラムは何をするのかというのが明確に書かれていたろ思います。

プログラミングも一つの機能を実現するために、コードと呼ばれる機械が理解できる言葉を上から書き記していきます。
これは一行一行がすべて意味を持っています。一つでも意味がつながらないコードが出てくると、バグが出たりするのです。

運動会でも一つの項目が都合上開催できなくなった時にプログラムの変更も行われますよね。

それと一緒です。

バグの部分は臨機応変に直したりします。プログラムができなくなった運動会では代替案をあらかじめ考えておきますよね。まさに一緒です。プログラミングスキルというのは人生にとってとても必要なことなのです。

プログラミングはIT業界専用のものではない

目的を持つすべての人に対して希望と勇気を与えてくれるプログラミング。敷居が高いと感じてしまうのはやはり英語表記であったり、使われる部品が意味を理解できないということが一番ネックだったりします。だからこそ、少しづつこのブログで敷居を低くできるように書いていきます。ぜひ、少しでもご興味を持って、人生を変えていく一歩を踏み出してもらえれば幸いです。PAK86_notebiz20131223_TP_V

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP