6か月で6キロ痩せることができた!ダイエットを継続して成功し続けるのに必要な3つの考え方とは?

体重84kgあった私が半年で6キロも痩せた!ここまでの道のりは相当遠かった・・・って思うじゃないですか~

以前、こんなブログを書きました。

健康的に痩せてみようと決意した~まずはカロリー計算からだな~

このブログを書いてから、半年がたちましたので、今どんな状態か?ということをここでお伝えします。

身長:172cm
体重:78.2kg

なんと、半年で6キロ近く痩せることができました!!
いやーめちゃくちゃ頑張りました!朝は毎日1時間ランニングして、帰ってきたら、腹筋を30回3セットやって、カロリー計算を一日1800calでキープして、やっと痩せました!!

なーんて面倒くさすぎる!!!!!

ぶっちゃけ、たくさんのことをやったら、完全挫折モードで3日たったら、辛すぎてやめてしまいます(笑)
一般的なダイエットってここまでやらないと痩せることができない!みたいな風潮があるのですが、私の場合、食生活を少し変えただけで半年で6kg減らすことに成功したんですよ!
まぁ、このブログを少しでも読んでくださっている人がいたら、ご存知だとは思うのですが、私は「糖質制限ダイエット」を我流ですが、実践しました。

通常のブログだったら、ここで「半年で6キロ痩せた私の体験談!」みたいなタイトルで書く人が多いので、私は切り口を変えて、「ダイエットを行ううえで必要な考え方」をお伝えしようと思います。

なぜあなたは痩せる必要があるのか?

ダイエットをするときに、うまくいく人とうまくいかない人の違いって一体なんでしょうか。単に継続力がない、きつい目標を立ててしまって、諦めてしまう。というケースが多いように見受けられます。大体はあこがれからダイエットを始める人が多く、芸能人の○○みたいに細くてきれいな人になりたい!○○のようないい筋肉になって、モテたい!という理由で始める人もいるでしょう。でも、結局続けられる人というのは

なぜ、自分は痩せる必要があるのだろうか?

という理由をきっちり考えて明確にしている人が、ダイエットを続けられているように見えます。yahooの知恵袋でも、ダイエットに成功したという人は「明確なダイエットの必要性」を理解しているから、続けられているのです。
例えば

  • 健康診断後、医者に「太っていたら、半年後には病気になるでしょう」と言われた。
  • 痩せて好きなあの子に告白するんだ!という決意
  • デブといわれ続けて、言い続けた人を見返したい!
  • など、色々な理由があってダイエットを始めます。ちなみに私の場合は「痩せたほうがモテる(素敵な彼女を見つけないといけない!)、仕事ができる人は大体痩せている。(仕事ができる男になる必要がある!)体が軽くなれば、疲れにくくなって活動範囲が広がる(自分の目標のためには行動力を増やさないといけない!)もし、太り続けたら、どんな病気になるのか・・・?(調べてみたら、医療費のかかる病気を引き起こしやすくなる!お金を節約するためにも痩せないと!)」と思ったのが理由です。明確な痩せる必要性を常に考えることが非常に重要になってきます。

    ゆるく続けられるダイエットを選択する


    ダイエットをしたいと考えている人は、目標をかっちり立てて、具体的にこういう行動をすれば痩せられる!と意気込んで始めるのですけど、結局3日ぐらいでモチベーションが続かなくなって、辞めてしまう。特に制限系のダイエットというのは、ストレスも溜まって、食べたいものを食べられない!と考えてしまい、結局は元のドカ食いに戻ってしまったり、誘惑に負けてしまったりというケースが多いようです。

    私の場合は、「別に失敗してもいいから、少しづつ糖質制限のダイエットになれていけばいいや。焦らず一個ずつ」と緩めに始めたのがすごくよかった。

    最初は夕食に炭水化物を食べないようにすることから始めました。3か月ぐらいは実家で過ごしていたので、親に頼んで炭水化物はぬきにしてもらいました。結局実家暮らしだと私の場合は痩せないです(笑)
    そして、いざ一人暮らしを始めて、完全に炭水化物抜きの生活になりました。ゆるーい糖質制限のダイエットをしていたので、炭水化物を食べたいときは、お米一合を炊き込みご飯にして、朝昼に食べていました。夜に食べるととった分の糖質を消化しないといけないので、朝や昼に食べて、夜は抑えるという生活に変えました。続かない人って、我慢すれば欲求を抑えられるとか、意志の力を使おうとするから、結果誘惑に負けて、食べてしまって、自己嫌悪に陥る。

    また、糖質制限ダイエットは「肉、魚、卵、チーズ」などを中心に食べるので、お肉がやばいくらい好きな私にとっても最高のダイエット法だったわけです。いくら食べてもいいわけですから。(脂分を多くとりすぎるのはダメですけど)

    ここで大事なのは「いかに楽に続けることができるか」ということを自分の頭で考えて調べてみたり、ダイエットに成功した人の話を聞いたりして、実践することだったりする。もちろん失敗することだってあるわけだけど、失敗した原因をちゃんと考えて、次にどう生かすかを考えて、また実践する。仕事ができる人って、そういうPDCAサイクルがうまく回ってる人たちなんでしょうね。

    体調もちゃんと管理するために、腸内環境を整えることとバランスよくサプリメントをとること


    私の場合は、糖質制限ダイエットを行ううえで、どうしても食事が偏ってしまう傾向にある、ということはわかっていたので、きちんと栄養を補助してくれるサプリメントを毎日飲んでいました。特に糖質制限ダイエットでは糖質の入っている野菜は避ける傾向にあるので、ビタミンなどが不足しがち。だからマルチビタミンのサプリメントを重点的に摂取しました。また、腸内環境を整えておかないと、便通などが滞って大変なことになるようなので、ヨーグルトを毎日食べていました。

    僕がダイエットに成功している原因というのがしっかりと痩せる理由を考えて、自己分析を徹底して行って、続けてダイエットできるように工夫したからなのではないかなと思っています。
    ずっと肥満だった私ができたのだから大丈夫。まだまだ目標体重までは程遠いですが、引き続きダイエットを頑張っていきます!

    おすすめ記事

    コメントを残す




    CAPTCHA


    Menu

    HOME

    TOP