独学でプログラミングを学ぶ際の落とし穴とおススメのサービスを紹介します

プログラミングを学んで活かすことって、人生をさらに豊かにするんじゃないかって、勝手に思ってる

現在進行形でプログラミング言語のPythonを学んでいる私ですが、かなりスローペースで進んでいます。今日は私がどのようにプログラミングを学んでいるか、失敗例も含めてお伝えします。

プログラミングの本を買って手で書いて動かしてみる


王道のプログラミングを勉強するパターンです。学んでみたいプログラミング言語の本を買って、インストールして、本に書いてある英文をポチポチと書いて、どのように動くのかを自分の目で見てみる。まさにプログラミングを学ぶ上での入り口です。最初は自分の手でプログラムを動かすことに喜びを感じているのですが、だんだんと飽きてきます。本のほとんどが、プログラムの単体の動きになるので、具体的に何がどのように活かせるのかということが見えない現実があります。そこで、イメージしてみるのが「具体的にこのコードはいったい何を意味していて、どのように生かすことができるか」というところを想像することによって、学習効率が上がるのですが・・・ぶっちゃけ作ったことがない人にとっては、どう活かせるのかなんて考えられないと思います。だって、作ったことないんだもの。最初は誰でも通る道なので、気にする必要はありません。

作りたいアプリをイメージする

事前にあなたにアイディアがあって、プログラミングで実現させたい!と思っている人は、作ってみるのが一番学習効率が良いです。通常の資格試験や英語の勉強だって、目的や目標があるから、それに向かって走っていくのが最短距離だと思うんですよ。どのように作ればいいかは、ネットと本である程度担保できるので、一人で作れそうだと思った人は、チャレンジしてみるのがいいと思います。私も現在フレームワークを使用せずに、PythonだけでSNSを作ろうと思っているぐらいですから。そういう目的があると、頭に残りやすくなります。もちろん、コードの一行一行に意味があるということをちゃんと理解することで、開発の際に「作業が詰まる」なんてことは少しづつなくなってきます。
余談ですが、具体的に意味を理解しながらアプリを作ると、相手とのコミュニケーション力だったり、イベントなどの段取り力が上がるようです。だって、一つ一つの塊に意味を見出す=頭を整理することと一緒ですから。

独学で学ぶことに限界を感じてしまったら

私自身が現在、独学で学ぶことに関して、限界を感じています。誰のために、何のために作るのか、どうすれば作りたいアプリがもっと増えていくのかということが見えないのです。そこで私は、今まで一人で学習しようとしていましたが、以下のサービスを利用することを考えています。
プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp

やはり一番学習効率が上がるのは、「人に教えてもらう」こと。このサービスの特徴としては

  • 現役のエンジニアに教えてもらうこと
  • 実際に活きたコードを読むことができて、どのようにコードを活かせるのかということが体系的に理解できる。

  • オンラインでマンツーマン指導を受けられる
  • 教室などにわざわざ行かなくても、オンラインで教えてもらえるというのはとても魅力的。普通の生活をしていても忙しいエンジニアに出会うことというのが稀。だからこそこのサービスが受けているのだと思います。

  • 大手企業にもこのサービスのプログラムが導入されている
  • ということは、大手の新人研修(だけに限らないけど)をマンツーマンで指導してもらいながら受けられる。かなりのメリットなのではないかと思います。

    まとめ

    プログラミングを導入する時は、一度独学でやってみて、次のステップに行きたくなったら、上記に紹介したプログラミングのオンラインスクールを試してみるのもいいと思います。まずはやってみることが一番重要なので、私は最初本で学んでみることをオススメします。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA