新年明けてから一か月間、寝る前に「ありがとう」という言葉を500回唱えてみたら、色々面白いことが起こった話

たくさんの自己啓発本を読んできましたが、書いてあることの実行を継続できなかったため、今回は1か月毎日実行してみた。

ありがとうを一万回いうと幸せになれるそうです。
https://matome.naver.jp/odai/2142866965011729001

友人にこの本をオススメしてもらいました。私はこの手の話をだいぶ信じているのですが、実際に書いてあることを自分で試してみるけど、続かないという傾向にありました。だって、すぐに効果がでるわけではないから、強烈なモチベーションがないと続かないです。

だから、今回は強烈なモチベーションを維持するために、「一年後にはフリーランスエンジニアになって、月収60万円を稼ぎ出す」という目標を決めて、稼げるエンジニアになるためのスクールに通うことにしました。そのスクール費用はなんと約30万円。

当時お金がなかった私からすると、この費用の捻出はかなり過酷で、申し込まないうちにあきらめる選択肢を選ぼうとしていました。しかし、上記に紹介した本の中で、こう書かれていたんです。

宇宙は必ず先払いの法則で回っている
出典「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」p.151

だから、具体的に「2018年6月1日までにフリーランスエンジニアになり、月収60万円を稼ぎました!」と唱えて、本に書いてある通りに先にお申し込みを行い、一日500回ありがとうを言うことを毎日続けてみたんです。

途中、どうしても寝る前に唱えることを忘れそうになりがちだったので、A4の紙に、「寝る前にすること」という紙を張って、必ずいうようにしていました。
↓実際に書いた紙です。

習慣化をする場合には、必ず目に付くところに張ると必ずと言っていいほど意識をするので、決めたことを実行しやすいです。

そして、夜な夜な、「ありがとう」を500回つぶやいてみました。
隣に住んでいる両隣がそれぞれ女性と男性なので、毎日ぼそぼそ何言っているかわからない音が聞こえてきたら、そりゃ怖いですよね(笑)でも、実験なので、やりました!

そして、一か月も経たないうちに、ある変化が起きてきました。

  • 3年来の友人から連絡があり、月10万円稼げる副業を紹介してもらいました。事実、現在5万円は確実に稼げています。このお金で、エンジニアのスクール費用を払っていきます。
  • とても抽象的な表現ですが、人との出会いの幅が広がるようになり、自分のやりたいことが明確になってきたような気がします。むしろ、目標を決めたから、その方向に向かうための準備を引き寄せてる?ということなのかは定かではないですが。
  • 無駄な不安を感じても、「絶対に60万円稼げるようになるから大丈夫」と精神的に安定するようになりました。事実、スクールで学ぶことも順調ですし。
  • まとめ

    ありがとうを500回言ったから、上記の三つのことが起きた、とは言い切れないですが、精神状態は安定しているように思えます。嫌なことがあっても、ありがとうの言葉を独り言でもつぶやいていくと、不思議と心が落ち着きますし、いい方向に進んでるのではないかといういい意味での錯覚を起こすことができるので、やってみることをオススメします。

    おすすめ記事

    コメントを残す




    CAPTCHA


    関連記事

    新人エンジニアに物申す!これだけは守ってほしい3つの心構え
    元借金300万円の私が話す、家賃の支払い期限が迫っているときの対処法
    ビジネスに10個挑戦!(まじか)お金を稼ごうとした時の私の失敗例と改善策
    SNSで「顔晴る」とか言っている人は、早く気付いたほうがいいよ。
    とにかくお金が欲しいと思っている人はまず何から始めればいいのか?
    デザインはセンスがないとできない?実はデザイン程ロジカルな考え方が必要です。
    元・自己啓発本バカが気づいた、気持ちを高めるよりも大事なこと。
    パクることは罪ではない!未経験のITエンジニアが圧倒的成長をするのに「真似る」必要がある理由
    元借金300万円だった私が伝えるお金がない人の特徴5つ
    稼ぐための考え方は「脳を鍛えていた!」ということを実感してみたい
    給料って一体どのようにして決まっているのか?会社員がもらっている給料のお話し
    モテない歴31年の私が婚活パーティで80%のカップル成立率を誇った具体的な手法
    書ける・・・かけるぞ!!思うようにブログに記事が量産できるようになった4つの習慣
    なぜ日本一ギャグセンスがある私が、ブログを書くことにしたか?
    エンジニアこそ、発信力をつけたほうがいいと思うんですよ、ぼくぁ

    Menu

    HOME

    TOP