ビジネスに10個挑戦!(まじか)お金を稼ごうとした時の私の失敗例と改善策

どうも、日本一ギャグセンスがある(自称)エンジニア、しゅういちです。

インターネット上で稼ぐためのいい情報、悪い情報が数多く出回っています。実際に私はインターネット上で稼ぐ方法を10個ほど試しましたが、全て失敗に終わってます。今回、私がなぜ失敗してしまったのか?改善策は何か?ということを振り返ってみました。これでわたしも稼げるわ。がっぽがっぽ。

なぜ、必要なのか具体的に考えてない

以前は「よっしゃ、月100万円稼いだる!うへへへへ」と意気込んでいたんですけど、そういうモチベーションだと、切れるのも早くいんですよね。50m走を100%で走るけど、25mで力つきる感じ。江頭2:50の「ドーン」のギャグのごとく。稼ぐ情報を試しては、諦め、試しては諦めの繰り返しでした。
そうした時に、ふと本屋に行くとホリエモンの著書の題名にハッとしました。稼いでどうしたいの?と。つまり、自分にとって、どういう結果になるかをぼんやりとしか考えてなかったのです。
【改善策】
具体的に稼いでどうなるか、紙に書いて、毎日枕元に置いて、読み上げる。僕の場合は、月末までにプログラミングスクールに通うための5万円が銀行口座に入っているように、毎晩見るようにする。そして、こんなことを今でもやってます。

自己投資することが目的で、結果につなげようとしない。目の前の得れそうな利益にすぐに飛びつく

本能以外なにものでもない。
【改善策】
自己分析をして、自分が長く続けられそうな稼ぐ手段を見つける。ブログだったら、好きなことを書く。
今実感してるのは、発信することを決めることで、情報の入り方が断然違うということです。ブログネタに困らなくなりましたね。

お金はどういう風に巡ってくるか、理解してない

お金の本質は、人の役に立った対価として、収入が上がってくる。
【改善策】
人の悩みにフォーカスして、どうしたら自分がその悩みを解決できるかを考えて実践する。
今のところ、一週間ブログを続けていますが、自分の書きたい記事や書いた記事を再度読むと、人の悩みを解決するためのネタの傾向がつかめて、しかも強みも見えてきました。

まとめ

お金を稼いでいく上で1番最初にしなければならないことは、強みがどこにあるか見つけること、を教わりました。有名なマネジメントの著者ドラッガーがオススメしているのは、フィードバック分析らしいです。ブログを書くことで、自分を知ることができるし、人の役にも立てる。素敵な時代になりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA