【書評】文章がかけない?大丈夫、私も書けなかったから。これに出会うまでは。

速読の効果半端ねぇ!!みんなもやってみなよ!

あ、どうも、日本一ギャグセンスがあるエンジニア、しゅういちです。エンジニアって結構文章書くことが多いんですよ。お客様への質問を文章で書くこと、メールの作成、社内文書の作成など・・・

♪毎日毎日僕らは事務所でさ、上司にもまれて、嫌になっちゃうよ(泳げた〇焼き君の音楽にのせて)

どういう訳か、ブログをたくさん書いているのにもかかわらず、伝わらない文章だそうです。そういうスキルアップを期待してブログを書いたのに(嘘ですよ)それならば、毎日上司にもまれる生活を変えていきたい!もっと文章がうまくなりたい!って思ったのでこの本を読んで実践してみた。

「わかりやすい」文章を書く全技術100

こんな人にオススメ!

  • 相手に伝わる文章を書きたい
  • いつもビジネス文書を書くとダメ出しされる
  • 何が伝えたいのか、わからなくなる

私の場合は、以下のような悩みがありました。

  • 伝えたいことが多すぎて、一文に要素をたくさん盛り込む。
  • 修飾語が多くて、意味がぼやける。
  • 「てにおは」の使い方がへたくそ

意味の分からない文章を書くのが逆に得意になっていた今日この頃w紹介した本の中で100個ある技術のうち、2つの技術を使ってみた。

  • 一文は短くする
  • 余計な言葉は使わない。
今現時点で、2つの技術だけを意識して、ブログを書いてみてます。そう、この文章が、意識して書いた文章なのです!ね!めちゃわかりやすい文章でしょ!!いやーこの本に出会ってなかったら、引き続き文章を書いてはダメ、書いてはダメの繰り返しだったわ!なぜ、今まで、この本を買って文章を作ってみなかったのか!ちょっと後悔しますわ~(ぶっちゃけ、どこがどう変わったかは私にもわかりませんw)でも、なんで、技術を少し知るだけで、文章は劇的に変わる野だろうか?ちょっと考えてみました。

「わかりやすく書く技術」をなぜ知る必要があるのか?

文章が苦手な人は、この本に書かれていることを知らないと思うんですよね。日本語を扱えるのに、会話をすることができるのに、文章が苦手。ネットで検索をしてみても悩んでいる人は非常に多いようです。実際にこの本を読んでみて、ちょっと技術を使ってみようと意識しただけで、一文一文の伝わり方が明らかに違います。つまり、文章は書き方を知ることで、明確に伝わる文章にすることができる。ということです。私の場合はこの本に書いてあったことを一つも意識していなかったため、文章を書けなかったのではないかとまで思わせてくれる本です。

でも、私が一番疑問に思っていることは「笑わせ方」を知っても万人に受けるわけではないってこと。
言っておきますけど、お笑い芸人では)以下略

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP