30歳から未経験ITエンジニアへ挑戦するあなたの不安を吹き飛ばす2つの具体的戦略

しゅういち
どうも、30歳から未経験でITエンジニアになった、しゅういちです。

あなたは以下のように考えていませんでしょうか?

  • 30歳から未経験でITエンジニアに転職できるのだろうか?
  • もしかしたら、ITエンジニアへの挑戦は最後の年になるかもしれない。
  • どういう風に進めていけば失敗がない転職活動になるだろうか?

実は私も未経験でITエンジニアに転職をする前に上記のように考えていました。

私は文系卒で6年間営業職を経験してからエンジニアに転身しました。

現在は収入も上がり、物作りができる仕事で、とても楽しい日々を過ごせています。

しかし、営業からエンジニアを志したはいいのですが、そう簡単に転職できるほど甘くはありませんでした。

30歳から未経験でITエンジニアになろうと転職活動を行っても最初に門前払いを食らうことが多いのです。

当然ですよね。20代とは違って伸び代を期待されるわけではない。

そもそも土俵にすら立たせてもらえないので、30歳からITエンジニアになるためには、きちんとした戦略を持って行動しないといけません。

そんなわけで、私しゅういちが30歳が未経験でITエンジニアに転職するために、実際に行動したことをまとめていきます。

 

30歳未経験のITエンジニアはキャリアプランをしっかり立てるべし

 
ITエンジニアに未経験でチャレンジする人はキャリアプランとしての3つの流れがあります。
 

1.正社員→プログラミングスクールで技術取得→転職orフリーランス
2.IT派遣会社に登録→プログラミングスクールで技術取得→転職orフリーランス
3.アルバイト実務経験→プログラミングスクールで技術取得→転職orフリーランス
 
私のオススメとしては、「1.正社員→プログラミングスクールで技術取得→転職orフリーランス」です。

その理由は3つあります。
 

  • 単純に毎日のようにITに触れられる。
  • 未経験なので、不明点を素直に聞くことができる。
  • 毎日ITに触れることで、成長スピードが速くなる。
  •  
    というように、正社員のメリットがあります。

    もちろん、上司を選べない、30歳からまた新人になるから、雑用からはじまるなどのデメリットはあります。

    でも、何年後かの収入アップの目標を立てておけば、その期間は頑張ればいいという話にはなります。

    ちなみに、ITの職種になったからと言って、すぐに収入が2,3倍などになることはあり得ません。

    だって、価値を生み出すかわからない人に報酬を払いたいなんて思わないでしょ。
     
    だから、スキルを身につけることで、収入を上げるためのステップになるし、スキルがあれば、自分の自由な働き方にいつでも移れる準備をしておくためのリスクヘッジにもなります。
     

    30歳未経験で内定をつかむための2つやっておくべきこと

    GitHub等に自分で作ったソフトやプログラムを掲載する

    Githubとは自分が作ったアプリケーションのソースコードをインターネット上に保存してくれるサービスです。

    つまり、常に成果物を相手に見せる状態にできるのです。

    今の時代、プログラミングで何か作りたいと思ったら、すぐに自分で調べて作れるようになります。

    20代の人たちを採用するなら、「少しづつ覚えてもらえれば大丈夫」と思ってもらえればいいですけど、30代になるとそうはいきません。
     
    今の職場の上司も採用面接をやっていたようですが、「IT業界に興味があります!」とか言っている人に限って「何もしていない。どういう言語があるか知ってますかという質問をしても答えられないことが多い」と言っていました。

    しゅういち
    なんとかなる精神で転職活動してちゃいけないんだな・・・

    という教訓でした。

    現在はプログラミングスクールに通ってスキルを高めて面接に挑む人もいるようです。

    DIVE INTO CODEというプログラミングスクールなら、開発の勉強もできて、チームで実務のシステム開発も行うので、興味があればのぞいてみては?

    30歳未経験のITエンジニアが通うべきオススメプログラミングスクールはここだ!

    2017.06.15
     
    また、今後ITエンジニアとして活躍するためには、どんな言語を学んでいけばいいのか?という問いには以下の画像が参考になります。


    引用:みんなのスタンバイ

    Pythonを学ぶと年収651万円!すばらしい!!
     
    Pythonは人工知能を開発するのに適した言語だといわれています。

    人工知能の分野が話題になってきていること、Pythonエンジニアが市場に多くいないということから、非常にニーズが高くなっています。求人数も最近ではふえているようですね。

    Pythonって、個人的に私が好きなプログラミング言語の一つです。

    Javaはコンパイル(コードをコンピュータが読める形に翻訳する、という理解で今は大丈夫)して実行するから、実行する場合に、遅く感じることがあるんですが、Pythonは実行する際にすぐ動く印象なので、すごく書きやすい。
     
    ちなみに、一つの言語をある程度まで書けるようになれば、ほかの言語も似たようなものなので、書けるようになってきます。私は、Javaという言語をやっていたので、Pythonでも難なく読むことができます。(書けるかどうかは別)
     

    転職エージェントに複数登録して、プロからアドヴァイスをもらう

    これは実際にやったほうが断然いい。が、エンジニアに特化していない転職エージェントに登録すると、面談の前に門前払いされることがあります。

    実際に私は門前払いをされたことがあるんですよ。企業名は言いませんけど。

    しかもエンジニア志望なのに、営業の求人を紹介してきた転職エージェントもある。だから、複数のエージェントに登録して、ちゃんと親身に相談に乗ってくれる人、会社を探していくことが重要です。

    30歳でも未経験からITエンジニアになるために登録しておくべきエージェントTOP3

    2017.07.22

    まとめ

    今は確実にITエンジニアが稼げる時代になってきています。

    未経験の人がITエンジニアとして、世の中にサービスをリリースしていくことを想像するだけでも、とてもワクワクしてきますね!

    私は30代からITエンジニアになろうとする人たちを応援しますよ!

    ぜひ、悩んでいる人はITエンジニアの世界に触れてみて「モノづくりができる楽しさ」に目覚めてほしいなって思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA