Python3系で学ぶ基本アルゴリズム「バブルソート」

OKバブリー

どうも、日本一ギャグセンスがあるエンジニア、しゅういちです。

IT業界にきて早くも一年が過ぎました。で、先日上司にお題を出されたんですよ。

「ぶっちゃけバブルソート、自分で書けるか?」ってね。

はい、書けますとも!!と即答したはいいのですが。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

30分経っても全然解けない

ガーン・・・かけると思っていたのに、力のなさを思い知りましたよwというわけで、今日は基本的なアルゴリズム「バブルソート」をPython3系を使いながら、解説します。解説すると身に付くっていうしね。うんうん。

バブルソートが書けるようになるために必要な要素は?

プログラミングでバブルソートが書けるようになるには、以下の要素が必要になります。

  • 配列について理解しているか。
  • for文について理解しているか
  • if文ついて理解しているか
  •  
    最低限これだけは抑えておきましょう。

    では、さっそく以下はバブルソートの例です。

    そして結果がこちら

    画像をご覧いただくとわかるように、一番右端の数とその隣の数が条件に合致した時に、数が入れ替わっています。
    処理が進むごとに数字が右側にずれていっているのがわかります。う、美しい。。。!

    具体的にポイントとなる一行を見ていきます

    ポイントになるのは2つ目のfor文とその中のif文です。

    for j in range(len(targetArray)-1, i, -1):

    と書いています。この一文を理解するにはrange関数を理解する必要があります。

    range関数リファレンス

    上記の一文の場合、targetArrayの配列の数は10でカウントされますが、配列は0から数えるので、最後の要素でエラーが出力されてしまいます。こんな風に
    10個目の要素はありませんよ!って怒られました。上記のコードでlen(targetArray)-1の-1を消して実行した結果です。

    ということはこのコードを日本語で説明すると、

    「targetArrayの要素[9]から-1していく間、iの数になるまで繰り返し処理を行います。」

    って書いてあるんです。これわかるかなぁ・・・range関数がわかれば、この一文の意味が分かる。

    まとめ

    ソートアルゴリズムはプログラミングする上で基本中の基本。だから、是非、これをきっかけに基本的なソートアルゴリズムが書けるようになると、エンジニア未経験の人は、より良いプログラムを書く要素の一つになりますので、チャレンジしてみてくだされ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA