SNSで「顔晴る」とか言っている人は、早く気付いたほうがいいよ。

どうも、一個前の記事が全く読まれてない状況に気持ちよさを感じている日本一ギャグセンスがあるエンジニア、しゅういちです。

最近またSNSで不思議な言葉を使う人がいるようなので、バッサリと切り落としたいと思います。

顔晴る?輝石?そんな言葉使わなくても、モチベーション保つ方法あるでしょ

TwitterやFacebookで「頑張る」という意味で「顔晴る」とか使って発信している人いるんですけど、はっきり言って何がしたいのかさっぱりわからない。

ものすごく違和感がある。かといってビジネス情報を発信するわけでもなく、抽象的な言葉をつらつら並べるだけ。

私がそう思う理由は、ただの言葉遊びで、「こういう言葉を使っている私って意識高い♪」という自己陶酔に陥っているだけ。そんな言い回しするだけで上手く行ったら、苦労はないと考えてるから。

潜在意識だけの力で成功する人は、自分自身で決めたことに対して、諦めずに突き進んでいった結果、うまくいったりしている。一日アポ10件とか、月末までに150万円絶対に売り上げるとか。数字にコミットして、達成にこだわる人が、うまくいっている図式が成り立ってるんです。
 
 
 
顔晴=笑顔やんか
 
 
 

使う言葉で人生が変わるのは本当です。目標を宣言したら、あとは達成するために行動するだけ。巷のビジネス書とかにも書いてありますよ。自己啓発本にもね。変な当て字を使って、結果がついてこなかったら、ただの痛い人ですよ。もちろん、成果を挙げている人がいるのも事実ですけど、大多数が当て字使って満足してる。

うまく乗せられる人は、純粋な人。

じゃあ、なんで変な当て字を使って、上手く乗せられる人がいるのか?結局、影響を与えた人の営業力、すなわち言葉の使い方が上手いだけなんです。人間性が素晴らしく見えるのは、自分が辛いときに寄り添ってくれたから、素晴らしいと拓巳に心理をついているだけ。

私も営業やネットワークビジネスを経験しましたけど、結果を出している人は人のネガティブ状態をポジティブ状態に変換するのがとてもうまい。例えば、陸に魚が打ち上げられていて、死にそうなときに、水のある所に戻してあげるような、前向きになれる言葉を投げかけてあげられるんです。

こういう言葉に影響されて自分でも使う人は、自分に自信がないから、こうすれば稼げるという言葉に惑わされてるノウハウコレクターと同義です。早めに目を覚ましたほうがいい。本来の自分を偽ってまで、使うべき言葉なんでしょうか。

結局は、人の役に立つ行動や成果を挙げられるかどうかで収入は変わる

単純に言葉遊びに感動する人は、思考停止状態だから、当て字を使うコミュニティにいるだけで満足しちゃう。いつまでも気づかないと、何も変わらない人生が待ってますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA