文系かつ未経験でITエンジニアに転職したけど、年収が66万円も上がった話。

今の時代はエンジニアが熱い!

どうも、日本一ギャグセンスがあるエンジニア、しゅういちです。

今回は、私が大好きなお金の話、そう、年収のお話ですよ。さぁさぁ、よってらっしゃい見てらっしゃい!今回はITエンジニア未経験のあなたにとっておきのお話だ!これを読むことによって、きっとITエンジニアとして、どんどん成長していきたいという気持ちになるはずだ!まるで、ネット業界の自己啓発本!よっ!歩く自己啓発本!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
読者「はよ本題に入れや」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さーせん

なぜ今ITエンジニアが注目されているのか?

経済産業省のデータに「27年度調査研究レポート」という資料があります。
 
参考:27年度調査研究レポート
 
上記の資料をご覧になってもわかる通り、国が求めるIT人材の数は圧倒的に足りていないのが現状です。各企業が、IT人材を欲しがっているのです。

しかも、経験者がほしいというニーズが非常に多いので、狭き門ではないか?と思いがちですが、最近ではITエンジニアの未経験採用を行っている企業が増えてきました。つまるところ、本格的に人材不足が明らかになってきているといっても過言ではない。

ということは、スキルさえつけて業務経験してしまえば、あなたは引く手あまたのITエンジニアになれます。

しかし、ITエンジニアに必要な能力がわからないと、いかに年収アップしたいといっても、基準がないのでわからないですよね。以下にエンジニアに求められる能力を記載しました。

ITエンジニアに求められる能力は3つ

1.ニーズをくみ取るコミュニケーション力

ITエンジニアはコミュニケーションを取らなくていいから、寡黙な作業ができると思っていませんか?実は、かなり、コミュニケーション力が重視される職種です。

実は私は以前から営業からエンジニアになる人は最強である。と考えています。なぜなら、知識さえつけば、開発の提案なども、お客様のニーズに寄り添った提案ができるし、もし他の会社に転職するとなった時も、自分のやってきたことを効果的に伝えることができるスキルがあるので、年収が上がる可能性が断然高い。

上記のことは開発メインになりがちですけど、インフラ関連でも、相手の求めているインフラ構成はどんなものなのか?どういう風にしたいのかということをヒアリングできてこそ、プロのエンジニアであるといえます。

これから作る技術のことだったり、自分たちのサービスを的確に相手に伝えて、行動を起こしてもらうための言葉の使い方も、非常に重要です。

本位が伝わらないというのはとても歯がゆい。

私は現在セキュリティエンジニアという立ち位置で、脆弱性診断(Webアプリケーションのセキュリティホールを探すお仕事)をやっていますが、セキュリティという幅広い知識が必要な職種なので、毎日が必死ですw

2.問題解決力

必須の能力ではあります。が、これはプログラミングを経験していくうちに、身に付くはずです。なかなか身に付いていないと感じるならば、論理的思考力を伸ばすことができるということなので、論理パズルなどで考え方を鍛えることもできるはずです。論理的思考は、年収アップには欠かせないスキルの一つです。

この問題解決力は論理的思考から生み出されるので、常にどんな問題があって、どのように解決すべきなのかということを日々考える必要があります。

このスキルは、実はどの業界でもやっていける汎用的なスキルです。

3.向上心

これは言わずもがなですね。しかし、やみくもに色々な技術を勉強しようと考えては全く意味がないです。需要が多くて、かつやっている人が少ない分野を責めてみるのも一つの手です。ちなみに、今現在だとセキュリティ人材の不足が際立って見えています。(セキュリティとは言ってもすごく範囲は広いのですが)

セキュリティエンジニアはどの会社から状況を聞いても、口をそろえて言うのが「人が足りない」なんですよ。

文系のITエンジニア未経験でも年収をアップさせることは可能か?

私は文系からITエンジニアになった口なのですが、結論から言うと可能です。現に私は66万円年収が上がりました。ITエンジニアは特に、スキルが重視されます。今であれば、Webの技術が注目されていて、インフラ系だったらAWS(Amazon Web Service)を構築するスキルだったり、開発関連だったら、Ruby on Railsでプログラムを組むなど、プログラミングスキルは必須になってきます。開発もできて、ネットワークもできて、サーバーも構築できて、果てにはセキュリティまでできる。多能工の考え方でいると、会社では非常に重宝される存在になります。

上記に記載したように、需要が多く、やっている人が少ない分野に行くと年収が上がりやすくなる傾向があります。そりゃそうでしょw

文系のITエンジニアは未経験でも転職できるのか?

私は一年前に未経験でITエンジニアとして、今の会社に就職しました。結論から言うと未経験でも断然転職できます。ですが、上記でも紹介したように常に勉強をし続ける向上心は必要です。

なぜ、向上心が必要なのかというと、IT技術の進歩が目覚ましく、今ある技術が、3か月後にはすたれた技術となっているからです。

実際には、最新の技術を使うことは実はあまりなく、ユーザーのニーズはIT技術を使った「解決策」がほしい。だから、最新の不安定な技術であまり知られてない技術を使うより昔からある安定した技術を使います。ですが、今の最新技術が5年後には安定した技術として世の中に出る可能性もある。だから最新の技術を常にウォッチしておく必要はあるでしょう。

とはいえ、文系でITエンジニアが未経験の人は、円滑に仕事を進めるためにも、今は最低限一からWebプログラミングを行って、インターネットに公開できるレベルまではいく必要があります。

まとめ

ITエンジニアが未経験になった時に、年収が上がるケースもありますが、未経験でスキルを少しづつつけていった結果、年収が2倍、3倍になったという話もこの業界ではよくあること。常にスキルのアップデートはしていきたいものです。

30代からでも未経験でエンジニアになりたいと考えている人は、以下の記事を参考にしてみてください。
関連記事:30代で営業からエンジニアに転職する未経験の人は戦略的にやるんだよ

おすすめ記事

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP