元借金300万円の私が実践してきた節約術

やっぱし、ご利用は計画的にっていうじゃないですか、計画的にできないから借りるという罠。

どうも、日本一ギャグセンスがあるエンジニア、しゅういちです。

はい、私は以前借金がありましたよ。でも、もうそれは過去のことなので、「死ぬこと以外はかすり傷」という名言は本当だったんだなと、ものすごく納得している私です。

さて、20代のことに借金して、毎日が回らない状態にいると、すごくネガティブな考え方に陥ってしまうというのは、結構当たり前です。

まぁ、私の場合は、そもそもお金に対する考え方がよろしくなかったから、ネガティブになっていただけなんですけどw

参考:ITエンジニア未経験の人が年収を考える前に解決しておきたいお金のこと

何かしらお金がないと嘆いて居る人は、大体出て行くお金を把握していないっていう。かつての私がそうでしたからねw

というわけで、元借金を抱えた私が実践してきた食費の節約術を以下に示しますよ~

お米は神!お昼のランチはお米で決まり!

結構当たり前のことなんですが、コンビニとかで買うよりも、家で作ってくれば節約になるっていうことです。

私の場合は、食費になぜか60000円もかかっていました。この基準はほかの人から見たら、高くない水準かもしれませんが、「食べ過ぎでしょw」っていうくらい食べていましたね。そのせいか、体重が、8キロも増えていたという事実が発覚。絶句。

タイミングを見て、糖質制限ダイエットをしましたよ。そしたら、6か月で6キロ痩せました。詳しくは以下で。

参考:6か月で6キロ痩せることができた!ダイエットを継続して成功し続けるのに必要な3つの考え方とは?

でも、さすがに毎日お米だけっていう訳にはいかないので、スーパーでお惣菜を買うとかすると、相当な節約になります。これだけでも、一日500円は節約できます。

結果、15000円の節約に成功しました。

お米の味に飽きたら、おにぎりの具材(梅干しやおにぎり山など)を購入しますが、そこまで大きな負担にならないです。

納豆と豆腐、油揚げがコスパ最強

え、節約したいのにこのラインナップを知らないの?っていうぐらいコスパ最強の食材。

豆腐に納豆をかけて、その上にごま油をかける。プラス醤油もね。はい、夕食の出来上がり!

いやぁ、本当にお世話になってますわw今でも全然食べますし、納豆3パックに豆腐1パックで150円ぐらいだしうまく行けばそれで2日持つし。

もやし人間

言わずもがな、野菜の中でダントツお安い街道まっしぐらのもやし。一袋30円前後。素敵すぎでしょw

上記の食材とのコラボで味に飽きさせなくすることも可能という。もやしを提供してくださる農家の方、いつもありがとうございます!


借金当時は外食どれくらい行ってたかって?1ヶ月に一回ぐらいしか行かなかったです。だって、1000円分の外食をしたら、豆腐と納豆6セット買えるし、もやしに至っては、25袋買えるよ?

流行りのもやしは嫌いですか?(ムスカ大佐風に)