京成線・北総線の満員電車の中で「超じゃま」だと思う人3選

なぜだ!なぜあなたは道をふさぐのだ!私は電車から降りたいのに!

プシュー

がたんごとん、がたんごとん・・・

(^^#)

どうも、日本一おりたい駅に降りられない境遇に遭遇するエンジニア、しゅういちです。

私は電車で移動することが多い、しがない30代です。だからいつも電車に載って移動しています。車はありません。

で、いつも満員電車で「なぜこんなにも迷惑なのに気づかない!!」って思うことが多い人ベスト3を選んでみました。

日頃の私のイライラに共感してもらえれば、本望ですなきそうです。

リュックサックを背負って満員電車に乗る人

あなたのリュックは人一人分の価値があるんですか?あなたがリュックを足元に置くだけでも、状況は大幅に変わるんですよ。

例えば、こういうストーリーがある。

ある3年目のエンジニアが一大プロジェクトを任された。その日は大事なプレゼンの日。出勤してから、最終チェックをして、プレゼンに臨もうと考えていた。そして、あるエンジニアはいつもの通勤電車に乗ろうとしていた。

しかし、通勤電車は少々遅れていて、電車がついたときには満員だった。

ふとした瞬間に3年目のエンジニアはその中の乗客の一人がリュックサックを背負っていた野を見かけてしまった。その人がリュックサックを下せば、人ひとり分は乗れたはずなのに。

結局、3年目のエンジニアは出勤が遅れてしまい、最終チェックをする間もなくプレゼンをした結果。

・・・言わずもがなでしょう。

こんなドラマが裏で起きていたとしても、あなたは電車内でリュックを背負い続けますか?あなたはリュックと一緒に、3年目のエンジニアの業も背負っていけるのですか?←誰がうまいこと言えと

乗車できないのに駆け込み乗車に挑んでくる人

でも、乗車ができてしまう不思議。というか、駆け込み乗車を試みる時点で、アウトですよ。

駆け込み乗車は、電車の遅れの原因となるのになんでやるのか。

個人的に思うのは、ちゃんと時間通りに来ようとする時間管理力がないのではないかと邪推してしまう。そんなことはないはずだと思っていますけどね。

駆け込み乗車をしたときに王道のラブコメみたいな展開は待っていませんからね。速やかに気づいて、駆け込み乗車はおやめなさい。

降りようとしているのに、一ミリもずれてくれない人

おりまーす!おりまーす!

って言っているじゃないですかい!なのに、一ミクロンも動かない人ってどんな足の構造をしているのか?接着剤でも足の裏に塗って移動しているのか?それとも、私がイケメンだから、ちょっかいかけようとしているだけ?

真相はわかりかねますが、動かない人って一体どういう風に考えているんですかね~。

あなたが少し、ほんの数センチ動くだけでも、私の後ろの人たちは降りたい駅に降りられて、素敵な通勤ライフを過ごせるはずなのに。

どして?どうしてあなたは岩のように固い意志をお持ちなのか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。ほんの少しあなたが人にやさしくなるだけで、私の通勤ライフをが快適なものになるのに。電車を利用する人は気を付けて!