30代の私が再び婚活パーティへ参加。おすすめのパーティも紹介するよ

婚活パーティって、完全に市民権を得たよね。私は婚活賛成派です。

どうも、日本一ギャグセンスがあるエンジニア、しゅういちです。

最近、出会いがほしい症候群に陥った私は、様々なイベントに参加しております。その中でも、明確な立ち位置がある婚活パーティのイベント。出会いを求める男女が集う戦場。まさにそれは関ケ原の戦いのごとく。徳川家康もびっくり。

私も出会いを作って、彼女とか作って、将来的には結婚できたらなと思っています。だから思い立ったが吉日!今日はParty☆Partyのイベントに参加した際のレポートを書いてきますね。

Party☆Partyはどんな年齢層の人たちが参加する??

Webページにアクセスするとわかるんですが、どのパーティにも「どの年齢層の人が来るのか」「どんな人たちをターゲットにしているのか」ということが個別パーティの紹介文に書いてあります。

例えば、婚活パーティのタイトルが「under29女性限定、背の高い男性にあこがれる年下女子」って書いてあるんですよ。あと男性向けには、「彼女がいそうなのにいない人たち」が来るというようなことが書いてありました。

男性側は、ある程度自信を持っている人たちが来るようにしていますね。私は身長が172cm(初公開!w)なので、今回のイベントでは、身長170cm以上の規定があったため、おぉ、ちょうどよいと思ってさっそく参加しました。(GW寂しいからとかそんな理由じゃないよ、ほんとほんと!)

さぁ、当日久々の婚活パーティだ!

夕方17:15から開始予定だったので、当日の用事を済ませて、いざ出陣!いつも私が婚活パーティで意識していることをベースに進めていこうと考えていました。

参考:モテない歴31年の私が婚活パーティで80%のカップル成立率を誇った具体的な手法

ちなみに、Party☆Partyへの参加は初めてです。今回は東京駅の会場に行きました。最初にびっくりしたのが、受付の対応の良さ。まるでホテルのフロント対応のような接客の質でしたね。

営業や接客業をやっていた私としては、「運営側もわかっているやん!」と思いました。どこぞの街コンや婚活パーティイベントとは大違い。

丁寧な応対をされて、中に入っていくとなんと、個室。以前行ったシャンクレールパーティはオープンスペースだったので、婚活パーティの業態でこんな形をとっているのは珍しいなと。個室に案内された際にはなんとペットボトルのお茶までくれた!なんて良心的な婚活パーティなんだろう・・・(今までどんな応対をされていたのかw)

個室に入ってみると、まだ女性はいらしておらず、ファインダーがおいてあって、その中に本日参加される方のお名前、年齢、お住まいのエリア、趣味、自己PRなどが記入された紙が入っていました。申し込みをする時に、ある程度のプロフィールをネット上で記入して、送信してるんですよね。ちゃんとしてる。

で、時間が来るまでに待機していると、女性が入ってきました。軽く挨拶をかわし、当たり障りのない会話をしていると、開始前の説明が始まり、いよいよ婚活パーティ開始!

今回参加した婚活パーティは、男8人:女7人で、一人8分間会話ができるというシステム。一人欠席されたので、実質は男8:女8で開始しました。競争率上がるやん。

8分間経った後は男性が移動して次の部屋へ行くサイクルが回っていました。

どんなことを話したかはもう忘れましたが、全体的にきれい目な方やスポーツをされている方など、様々な特徴をお持ちの女性と会話できました。一人気になった人がいたので、かなりアプローチをしておきました。

会話が終了した後、いいねカードというのがファインダーに入っており、気になった異性の名前を書いて、スタッフに渡すと届けてくれるメールサーバのような役割をしてくれます。

そして、ドキドキの結果発表!結果については、マッチングカードというのを渡されます。そこにマッチングした相手の名前が書いてあります。

そーっと中を見てみると・・・

なんと・・・

マッチングならず。

悔しいです!(ザブングルの加藤風に)

前日の寝不足が大きく影響したようですね。

今回なぜマッチングしなかったのか?オープンスペースの会場と個室会場の違い

以前はシャンクレールパーティに参加していました。シャンクレールパーティは個室ではなく、オープンスペースなので、多くの人と会話ができます。20人ぐらいと話すので、気になる人が増える可能性が多くなりますし、マッチングの確率も上がります。その分、短い時間でインパクトを与えるような会話をする必要があります。ちなみに、明るく元気でポジティブなおもろい人が持てる(私か)

私はオープンスペースでの会話になれているから、マッチング率が上がったのだと分析してます。

つまり、個室には個室で戦うなりの戦略があるということになります。(誰がかっこよく言えと)

加えてシャンクレールは、イベント中でも連絡先の書いた紙を渡すことができます。その辺自由なので、気になった人がたくさん出てきたという場合には、連絡先の書いた紙を気になった人に渡すというのもアリです。

逆にParty☆Partyは、イベント中に連絡先を交換するのは禁止のようです。他の男性からの干渉が入りずらいという点について本格的に婚活をしたいという人におすすめします。

Party☆Partyの値段は妥当なのか?

以下はイベントによって異なりますので、参考程度に

・シャンクレール
20人×3分=60
男性5000円
一人頭、250円で出会えている。

シャンクレールは多くの人と浅く広く会話ができる点はメリットです。時間内にフリータイムで好きな異性と話せる時間があるんですが、自分の気になった人と会話ができないとマッチングが難しいですね。基本は明るくて面白い人が持てます。(私ですね)

・Party☆Party
8人×8分=24
男性6000
一人頭、750円で出会えている

女性がきちんとお金を払ってきている分、相手も真剣にお付き合いや結婚を考えている人が多いなと感じました。女性からすると出会いってなかなかないみたいですねぇ。結局は自分が行動を起こすのが手取り早い。そもそも婚活パーティに来ている人は行動的な人が多い傾向にあります。また、じっくりと話ができる分、ちゃんと人となりを見て判断してもらえるので、本当に真剣交際を求める人にとっては素敵な環境。

私は、750円で一人の女性と向き合う時間がしっかりとれる分、妥当な値段であると考えています。

理由としては、じっくり話すことに重点を置いた場合、他の男性からの邪魔が入ると、非常にイラっとするんですよね。個室だからその心配がないことと、ちゃんと飲み物を用意してくれるということ、真剣な人はプロフィールも真剣に書いているから、相手としっかり向き合うことができる。

だから私は、じっくり会話して判断したいという人にはParty☆Partyの参加をお勧めします。

まとめ

真剣交際を求める人にとっては、Party☆Partyがおすすめです。接客の応対、個室での会話やシステムは、女性を安心させます。プロフィールの事前登録で時間にロスが生まれないのもいいことですね。結婚したい男性の皆様、是非おためしあれ!

Menu

HOME

TOP