人工知能が我々に与える影響は、非常に多大なものになる。

しゅういち
どうも、フリーランスエンジニアのしゅういちです。

最近になってAI(人工知能)のサービスがどんどんリリースされているのは、ご存知のことと思います。

しかし、一体どんな風に使われているのかがわからないということもあると思います。

なので、どんな使われ方をしているのかの記事を少しまとめてみました。

「人工知能でこんなこともできるんだ!」と思ってもらい、あなたのビジネスの役に立ててもらえればと思います。

企業のAI活用事例やアイデア

米アマゾンの配送センター「ロボット化」部門長に独占取材
https://forbesjapan.com/articles/detail/20630/1/1/1?s=ns
アマゾンの配送センターでは、ロボットが使われる。日本でも京葉線沿線にあるような配送センターで、ロボットなどを導入すれば、確実に人件費も抑えることも可能になる。

イスラエルの「伝説的起業家」が語る、AIの最終目標
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-42305268-business-sci
AIは、ヘルスケアの分野で特に可能性があるとヘブライ大学のアムノン・シャシュア教授は述べているが、その限りではない。

人工知能がSEOに強い文章を提案、WACULが「AIライター」の一般提供を開始
http://marketing.itmedia.co.jp/mm/spv/1901/15/news135.html
事実、SEOに強い文章を提案するだけでも、十分利用価値はありそうですが、GoogleはEATを重視してる。数で勝負したい企業にはもってこいかもしれない。

契約リスクをオンラインで判定
https://ai-con.lawyer/?fbclid=IwAR3k9H4UD3ctJj-1bZaaax_3amo3VHcVC9AN2-Uh2IUr6sg19EObdB4RSQg
特に我々のような個人事業主にとって、自分を守るために必要なサービス。利用する価値は十二分にある。

AIをどういう風に使っていけばいいのか?私なりの見解

私が考える人工知能の役割は、人がやる肉体労働や単純作業自体を任せる。

我々人間は、アイデアを出したり、企画をして、世の中に付加価値を届けていけるように経験や知識、知恵を鍛えていくのが良いと考えています。

なぜなら、知識を組み合わせて、新しい価値を生み出せるのは、人間しかいなと考えているから。

最近、明治大学のラグビー部が、22年ぶりに関東大会優勝を果たした、とニュース番組で放映していたのをご存知でしょうか。

22年ぶりの優勝の陰には、とある技術改革があったのです。

その技術とは、「レスリングのタックル」。

レスリングのタックルは、目の前で敵が消えるような動きを見せるため、ディフェンスの強化にはもってこいだったそうです。

つまり、何が言いたいのかというと、人間にしか、他のスポーツを組み合わせて技術改革をする、というような発想はできない。

新しい技術を知って既存の技術を組み合わせるだけで、とんでもないものができる。

だから、我々人間は、新しいことを学び続けないと、生きていけなくなる可能性が高くなる。

そういう危機感を持って日々行動していくのがいいのではないでしょうか。

まとめ

人工知能は、もしかしたら、エンジニアのコーディングについても、機械学習を行って、自動でプログラミングをすることができるロボットが生み出されるかもしれない。

フリーランスのエンジニアこそ、さらなる危機感を持つことが大事になる。