無料画像より有料画像を購入してブログを書くほうが断然お勧めできる3つの理由

しゅういち
どうも、有料画像に見とれ始めたエンジニア、しゅういちです

ブログを書くときに必ず必要なってくるのが、読んでくださる読者の目を引くためのアイキャッチ画像。

もし、このアイキャッチ画像が、クオリティの低いものだったり、画像ばっかし大きくて、ページの表示が遅くなってしまったら、みてくれるお客さんがどんどん離脱していくのは目に見えています。

店舗に例えるなら、商品の見た目が壊れていたり、形がいびつだったり、自動ドアが亀のごとくゆっくり開いたりする。

こんなお店だったら、僕は確実にいく気を無くします笑

それだけ、ブログにおけるアイキャッチは重要なのですが、駆け出しの頃はそこまで考えが及ばないのも事実。

そこで、今回の記事では、クオリティの高い有料の画像を購入してブログを書くのが良い理由3つを書きます。

実は動画もとってみたので、聞きづらいこともあるかもしれませんが、頑張って撮ったので、文章が苦手という人はこちらもどうぞ。

写真代払ったのだから、頑張って書かないとという考えが生まれる

正直言って、購入してブログを書くまで、写真にお金を払うなんておかしいでしょ?

Why Japanese people!Why!

と厚切りさんがおっしゃるのも無理はない。

でも、実際にお金を払って写真を使うようになると、

「少しでもクオリティの高い文章を書こう」

「そのために情報収集や自分の考えの深掘りをしていこう」

上記のように考え始めます。

無料の画像で記事を書いてしまうと、なんだか自分の記事も無料レベルになってしまう感覚に陥ってしまいます(個人の見解です)

だからと言って、無料画像を使っている人もいるわけなので、そういう人を否定しません。現に私も使っていました。

しかし、一つのステップアップとして、有料画像を使って記事を書くのも案外楽しいものですから、やってみて損はないです。

見た目が綺麗になる感覚をもてる

ブログの見た目ってかなり重要なんですけど、そこにとらわれ過ぎてもいけない。だからちょうどいい塩梅でバランスを取れるのが、アイキャッチの画像だと考えています。

サイドバーに書いてあるバナーのデザインが綺麗だったり、画像が綺麗だったりすると、整っている感じがする。もちろん総合的にみてなんですけどね。

特に写真って、風景画像やイメージ画像を撮影するためには、ある程度経験したり、構成を考えないといい写真は取れないから、時間がかかってしょうがない。もちろん自分で撮影できるに越したことはないですけどね。

僕は将来的には、自分で撮影できるようになりたいとも考えています。一眼レフが欲しい・・・!

写真・画像を選ぶのが楽しい

一番の醍醐味は、もしかしたらこれかもしれません。

僕の場合、テーマを決めて、文章を書いて、タイトルを決めて、画像を選ぶという順番で書いています。

自分が作った文章とタイトルに合致しそうな画像はどういうものかな・・・とパズルのピースを当てはめるように、しっくりくる写真、画像を選んでいきます。

検索して、パッと出てきた画像をじっくり吟味して、「あ、この画像だったらしっくりくるな」と探し当てた時のお宝を見つけたような達成感を感じることができる。

これは書いた後に画像を選んだ人にしかわからない感覚かもしれません。

え、もしかして僕だけですかね笑

まとめ

まだまだこれから、たくさんの記事を書いて、一人の人に響くコンテンツを作っていくことを考えていますが、画像はそのきっかけにすぎないです。

画像に惹かれて、記事を読んでみたら、自分にとって有意義な記事であるかもしれませんし、SNSで繋がるきっかけになるかもしれません。

そういうことを考え出したら、少し画像に力を入れてみてはいかがでしょうか。