しゅういちのプロフィール

初めまして!
当ブログ「日本一ギャグセン半端ないエンジニアブログ」管理人、しゅういちの詳細プロフィールです。

生い立ち

  • 1985年7月12日生まれ。
  • 血液型はA型。
  • 動物占いはトラ。
  •  
    しゅういちの名前は母親曰く「名字との相性が良かったから」らしい。ふむ、確かに7文字読みやすい!素敵!

    でも父親は「修めることに一番になってほしい」との願いを込めたそうです。

    実際には何ひとつ修めることに一番にはなっていません(笑)

    目の前の人を必死に笑わせようとする心意気は一番持っていると思っています←

    神奈川県横浜市ブランドを十分に堪能した小学校時代を歩む

    東京都目黒区で生まれ、静岡で2年過ごして、2歳から30歳まで横浜という土地で過ごしています。

    生粋の浜っ子ではなく、「偽はまっこ」である。横浜市出身は各地域にヒエラルキーが存在し、僕のエリアはヒエラルキーの最下層エリアにいました。
    ※と、横浜駅の近くに住んでる知り合いが言ってましたよ

    それでも僕は横浜好きです。

    小学生の頃は、単なるうるさいガキんちょで、人目を引期待がために、とにかく目立ちたがりの性格を発揮。

    小学校三年生の頃に即席で漫才をやるって言う企画をクラス内で実践。

    小学校4年~中学3年生まで学級委員というクラスのまとめ役というみんながやりたがらないことを率先してやってた。

     

    中学から始めた野球でプロ野球選手になるという夢を描く

    中学校の頃に、野球一緒にやろうぜと友人に誘われ、気づいたら6年間もやることになった。

    この頃初めて運動をするようになり、運動を始めてから、「いや〜痩せたね」って言われることが多くなり、普通に嬉しかった。

    6年間野球に打ち込んで、やっとふつうの野球部員ぐらいの実力になったはず。なのにプロになりたいという身の程知らずな夢を追いかける。

    途中、プロに行った高校の投手(加藤幹典:元・ヤクルトスワローズ投手)にVスライダー(イメージは上から落ちてくる変化球)で、3球三振をして、「あ、全く手が出ない、プロはむり」と思ったので、プロになることは断念。

    投げる球が球速MAX95kmの私じゃ無理です。←これ真面目な話。今の小学生はこれぐらい平気で投げる。

    高校時代は野球漬けの人生だったので、一浪して大学に入学

    大学に行く目標が「とにかく遊びたい」っていう不純な動機でしたが、猛勉強の末、大学に合格して普通の学生と変わらない自堕落な生活を歩みますw

     

    就職活動で200社回った末、内定は3つ。

    自分のやりたいことは言った何なのかとか、他の大学生より偏差値が低い大学だったので、早めに就職活動をしないと負ける、と思い、とにかく会社説明会があれば、参加する。

    一日4社ほど説明会を受けるという無茶な活動を続けた結果、一番初めはIT業界に就職するも、名ばかりの雑務のみで、スキルは全くつかなかった。ので、自分の得意分野は「しゃべること」であると勘違いをして、営業職に転身。

     
    転職5回、営業を6年経験。その間にネットワークビジネスなどにチャレンジし、300万円の借金を経験する。今思えば、借金してビジネスをすることはおすすめしないです。

     
    ちょうどこのころから、「人を笑顔にする」ためにラルクアンシエル「flower」をアカペラで歌うことをしました。


     
    法人営業で年間3000万円を売り上げたこともあります。が、大手の営業でも、歩合制ではなかったので、売り上げた分が自分に入ってこないのはなぜなんだ?と日々悶々としていました。

    でも、なぜかある程度結果を出せるようになると勘違いするんですよね。

    法人営業で自信をつけた私は、自分の力を試してみたいと思い、不動産賃貸営業の仕事をしました。

    ですが、個人向けの営業はお客さんの都合に振り回されるから、自分で時間をコントロールしづらい状況になります。

    休みも取れず、体調も崩しやすくなりました。

    ぶっちゃけ長期で続ける仕事ではない。そんな矢先に当時勤めていた会社の社長にクビを宣告される。入社してちょうど一年たった時でした。

    クビ宣告された理由は、当時焼肉屋で社長に「本音で話していこうよ」と言われ、本音で、「自分のやりたいことをめっちゃやりたいんですよ!」って言う熱い想いをぶちまけた結果、社長が激怒。

    意味がわからないまま、焼肉店から追い出されました。今振り返れば、相手の気持ちは、一緒に事業を立て直していこうよと言う思いだったのではないかと。

    無責任な発言してしまったな、と今では思います。

    ちなみに、その会社先日潰れてましたけれども。

    エンジニアとしての再出発

    会社をクビになった後、「営業で売り上げをあげても、そこまで収入はないし、歩合制で営業をやる勇気もない。どうしたら良いか・・・」と途方に暮れていました。

    もう一度私はこれまで何をやってきて、どんなことに打ち込んできたのかということを自問自答しました。

    そういえば、社会人になって一番頑張っていたのはIT系の資格を取得することでした。当時Javaエンジニアが必ず取るべき資格として、SJC-P(現在のOCJーP)は持っていました。

    と言うことは、やっぱり自分に合う仕事は、ITエンジニア、ものづくりがやはり性に合っていると言う結論に到達します。

    しかし、転職活動当時は、ブランクがあるから、ほぼ未経験で雇ってくれるところはなかなか見つからず、転職エージェントに登録して、面談に行っても、何回も落とされました。

    それでも、エンジニアになりたいという思いは捨てきれずに、とにかく会社を回った結果、無事内定をもらい、セキュリティエンジニアとして、職務を全うすることになりました。

    2018年4月から、毎日の努力が身を結び、フロントエンドのフリーランスエンジニアとして、常駐で日々仕事をしています。

    しゅういちのブログへの想い

    ブログを書くことで、自分をきっかけとしてフリーランスになる決意を固めてくれたり、収益を上げることで、相手が行動するきっかけになれる、と思っています。

    そして、ブログというツールは、誰にも束縛されずに、地方の友人宅に気軽に遊びに行ったり、ふとした瞬間に海外旅行へ出かけたり、面白そうなビジネスや体験ができそうだったら、速攻で始められる。

    自分らしい、自由な生き方を30歳からでも追求することができる!と言うメッセージをが伝われば、これ幸いです。